2015年03月14日

REQUESTの話 その2:本家の力

注目ポイントその2:作曲者の力
例えば中島みゆきとかが、他のアーティストに提供したを本人が歌い直したりするのを聴いた場合、なんというか底力が違う、って感じることが結構あります。情念の量が違うといったら良いのか。(まあ、こと情念において中島みゆきを超える人がそうそう居るとも思えませんが)

で、今回のカバーアルバムでは真綾さんに曲を提供している方が、敢えて?違う曲を歌っているパターンが何組か(真心ブラザーズ、Rasmus Faber、the band apart、キリンジ、 冨田ラボで漏れが無いかは自分で調べてください)かありますが、直球で自分の作曲した曲をカバーしているのが、鈴木祥子さんです。

私くらいの歳ならともかく、お若い方はあんまり鈴木祥子さんて詳しく無いのかもしれませんが、小泉今日子に曲提供した「優しい雨」とか、90万枚以上売ってますよ。(これは私が小泉今日子好きだから知ってる)

で、冒頭の話に戻って、「最後の果実」ですが、鈴木祥子さんが作詞はされていないので、「本家感」は薄いのですけど、っていうか何を持って本家感なのかはわかりませんが、
作曲した本人にしか解らない、できない、伝えられない何かが伝わってくる曲になっていると良いですね、という期待をしている、というお話です。

坂本真綾20周年記念 トリビュートアルバム REQUEST(初回限定盤) (デジタルミュージックキャンペーン対象商品: 400円クーポン)
posted by アリゾナサバク at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂本真綾

2015年03月12日

REQUESTの話 その1:トップアイドルを甘く見てはいけない。

さて、真綾さんのトリビュートアルバムの詳細が出揃ったようですが、私的には結構期待の持てるラインナップです。
個人的には「あと2〜3曲あると嬉しいな」とは思いますが、それは発売されて聴きこんでから確かめましょう。

注目ポイントその1:渡辺麻友(まゆゆ)の件
やはり一番「浮いている」のはまゆゆこと渡辺麻友さんの参加でしょう。

アイドルファンと声優ファンというのは、似て非なるというか近親憎悪というかそんな関係性、という時代なんでしょうか、今も?

若手声優とかアイドル声優とか、最近は人数多すぎて何が何やら全く把握できていない私ですが、アイドルについては逆に詳しくなりつつあります。

で、まゆゆですけど、そういう近親憎悪の方々に言いたい。日本のアイドルグループの頂点に立つ人間の人間力を甘く見てはいけない。
美人で正統派だけど、あんま特徴無いと思われがちなまゆゆですが、その垣間見える圧倒的なプロ意識には好感を持たずにはいられません。(これ以降はまゆゆ論というかアイドル論になるので割愛)

声優ファン的には水樹奈々さんと一緒に「DISCOTHEQUE」を歌ってる映像を見たことある人も多いでしょうし、個人的には「君の名は希望」を歌っている映像なんかも素晴らしいのでおススメしたい(理由は割愛)。

ちょっと「トライアングラー」という選曲はどうなんだ?という気もしますが、下手したら力で捻じ伏せてくるかもしれません。
それとも編曲の「佐々木裕」さんは、AKB曲も多く手掛ける人なんで、アイドルソングっぽくするのかしらん?
いずれにせよ歌唱力も心配してないです。周りからは浮くかもしれませんが。

坂本真綾20周年記念 トリビュートアルバム REQUEST(初回限定盤)

posted by アリゾナサバク at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂本真綾

2015年03月08日

疲れてます

新しい職場ですが、朝がすごい楽にはなりました。

先週1週間は勉強だけの日々でしたので
忙しくは無かったのですが・・・、

諸々の理由により、精神的に参っております。
せっかく早く帰ってきたのに、すぐに横になって、自然と寝てしまう日々。

さらに「アイドリング」絡みの大ネタが多く、ボディブローのように体を蝕んでおります。
昔、マキタスポーツの著書で「アイドルとは卒業を愛でる文化」といった文言を読んだことがあるのですが、この1年はそれを痛感しております。
っていうか、卒業どころではありません。こちらは解散ですからね。アイドリング熱が落ちているときで、ある意味良かったな、と。
posted by アリゾナサバク at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記